読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 3

論文不正 上野千鶴子 社会学 千田有紀 博士論文 千田有紀博士論文

 武蔵大学千田有紀教授の東京大学博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」の中で千田教授は次のように書いています:

 

 

◎結論的にいうなら日本の家族社会学において「家」という概念が、欧米の「家族」という概念の対比の中で練り上げられていったこと、そしてこのような問題設定の原点は戦後にあり、「「家」から「家族」 へ」という変動論を前提とすることによって、一九六〇年代以降は、「家」が理論的に「特殊」なものとして捉えられ、日本の文化の「伝統」といった概念が必要とされるようになったことが明らかになった(注1)。

 

◎以上、「家」パラダイムの成立とその理論的な帰結を検討してきた。この「家」パラダイムは、戦後日本の社会科学は戦争への反省から「民主化」の条件を探ろうとして「家」からの離脱を求めたものであった。しかしながら、このような日本への反省は、日本文化の説明変数としての「家」を遡及的に作り上げ、その問題設定の結果として、日本文化の「伝統」や「特殊性」を構築し、再び「日本」という「想像の共同体」の再構成に貢献してしまうという逆説を起こしてしまったのではないだろうか(注2)。【引用終わり】

 

 

 千田氏によると、戦後日本の社会科学は戦争への反省から「民主化」の条件を探ろうとして「家」からの離脱を求めた。ところがこのような日本への反省は、日本文化の説明変数としての「家」を遡及的に作り上げ、日本文化の「伝統」や「特殊性」を構築し、再び「日本」という「想像の共同体」の再構成に貢献してしまうという逆説を起こした、ということです。千田氏は「のではないだろうか」と疑問を付して終わっていますが本当はまさにこの点をこそ博士論文で徹底的に研究して論じて欲しかったところです。本論文は大半が他の学者の論文からの抜き書き、切り貼り、見解紹介、になってしまっていて、千田氏のオリジナルの部分がほとんどないのが残念です。これでも東大博士号がもらえるのですね。

 それはともかく、千田氏によると戦後日本の社会科学が戦争への反省から「民主化」の条件を探ろうとして「家」からの離脱を求めたことがかえって「日本」という「想像の共同体」の再構成をもたらしてしまった、ということなので、戦争の反省は一切しないほうが日本という「想像の共同体」が崩壊してむしろよい国になる、戦後、民主化を求めて戦争の反省などという余計なことをしたからこんな悲惨な「想像の共同体」が再構成されてしまったのだ、ということです(注3)。しかしこのような結論でよいのでしょうか?私は東大の博士論文というものは人類の知的遺産たるにふさわしい内容の論文かと思っておりましたが、今回、見事に期待が裏切られました。

 多くの社会科学者が一生懸命研究して、戦争の反省をする内容の論文を書かないほうが日本という「想像の共同体」が崩壊してむしろよい結果がもたらされるのだ、というようなことを千田氏のような有名大学教授が東大の博士論文で書いているのですから、安倍政権が文科系を廃止する政策を打ち出してきたり、文科系の学術予算を削減する政策を打ち出すのは当然といえるかもしれません。安倍政権は「非立憲」だとか「反知性」だとか「クーデター」だとかいろいろ批判されますが、実際は、千田氏のような東大博士号取得者の研究成果や政策提言を忠実に取り入れて政策を実現しているのかもしれません。みなさんはどのようにお考えでしょうか?

 

 【注】

(注1)

『思想』No.898、1999年4月号、岩波書店、94頁。

(注2)

『思想』No.898、1999年4月号、岩波書店、97頁。

(注3)

千田氏のお師匠の上野千鶴子の著書『家父長制と資本制』はPARTⅠ「理論編」で「フェミニズムの主要な敵は男性」と結論が書かれており、それを前提に、PARTⅡ「分析編」では、女性の敵である男性を駆除して女性を解放するための最も効果的な手段の具体例として「戦争」が挙げられている。つまりPARTⅠとPARTⅡは同じコンテクストで話が繋がっている。本文で述べた千田氏にしても、師匠の上野千鶴子にしても、戦争を肯定的に捉えるところがこの上野千鶴子学派の特徴です。上野学派においては、女性を抑圧する日本という「想像の共同体」を破壊してくれて男性を死滅させて女性を解放してくれる最大の効果を発揮する社会的事象として戦争があるのです。千田氏の博士論文を平たく言えば、要するに、戦後、多くの学者が必死こいて戦争の反省なんか余計なことしやがったせいで女性を抑圧する日本という「想像の共同体」を再構成させてしまいやがって、おかげで女性が解放されなかったじゃないかこのバカヤロウ、という話なのでしょう。