読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

上野千鶴子の提灯持ち・植村恒一郎氏 上野千鶴子の読み方について

植村恒一郎

twitter.com

 

f:id:shinjiro7:20161206021331p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020400p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020451p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020529p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020604p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020641p:plain

 

f:id:shinjiro7:20161206020718p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020811p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020838p:plain

f:id:shinjiro7:20161206020921p:plain

f:id:shinjiro7:20161206021004p:plain

 

上野千鶴子『家父長制と資本制』はPARTⅠ理論編で「フェミニズムの主要な敵は男性」と結論が書かれていて、それを前提に、PARTⅡ分析編では、女性の敵である男性を駆除して女性を解放するための最も効果的な手段の具体例として戦争が挙げられている。つまりPARTⅠとPARTⅡは話が繋がっている。

そしてまた上野と千田の、強姦罪の男性側への挙証責任転換の主張も、「分析編」の一つに位置付けられるべきものである。

 

上野千鶴子の『家父長制と資本制』は「理論編」→「分析編」という形で話がつながっているものを、バラバラに分離して読む植村恒一郎氏の上野千鶴子の読み方の方が私よりもよほど「機械的」でコンテクストを無視した読み方ではないだろうか?よくこれで哲学者が名乗れたものだ。何を「研究」しているのか?見事なまでの上野千鶴子の提灯持ちである。

 

植村恒一郎氏はほんとに面白い人だと思う。千田有紀氏が強姦罪の挙証責任を男性側に転換して男性の冤罪を起こすトンデモ法改正の主張をしているのを私が批判したら、男性なら、冤罪は困りますね、と言って私に賛成するのかと思ったら、逆に植村氏は私のことを「挫折した男子のルサンチマン女性観」と言ってきた。

 

上野千鶴子千田有紀の主張通りの強姦罪改正がなされたときに植村恒一郎氏は自分が冤罪で逮捕起訴、処罰されても納得できるんでしょうか?もしそうだとしたらそこまで上野千鶴子一派に忠義立てする理由はいったいなんでしょうか?

東大社会学出て上野千鶴子千田有紀を批判したら植村恒一郎先生から「挫折した東大男子のルサンチマン女性観」と嘲笑されたので十二月五日はルサンチマン記念日。