読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

【長谷川豊氏の問題点】医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!! : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』

 

医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!! : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』

 

【長谷川豊氏の問題点】

 法律学の世界では相手方の主張する説を批判する場合にしばしば使われる批判がある。それは「あなたの説は判断基準が不明確だ」という批判である。どのような場合にAという法律効果が発生し、どのような場合にA以外の法律効果が発生するのかの判断基準が不明確な説は、法律学の説としては意味をなさないのである。

 このことは法律学以外の場面でも当てはまる。

 長谷川氏の主張する「自業自得で人工透析患者になった患者は全額自己負担にせよ」との主張についてみると、ある患者が自業自得で人工透析患者になったのか、それとも自業自得ではなく人工透析患者になったのか、の区別は事実上不可能である。したがってこの主張は意味をなさない。

 長谷川氏が法律学を学んでいればこのような誤った主張をすることはなかった。この記事は法律学を学ぶことの重要性を我々に改めて教えてくれる。