読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

突撃!となりの晩ごはん 妻の夫に対する夕飯家事労働搾取率・肥和野佳子さんの場合

 

f:id:shinjiro7:20160917182929p:plain

 

f:id:shinjiro7:20160917182949p:plain

 

【コメント】

上のとおり、肥和野佳子さんのお宅では妻の夫に対する夕飯の家事労働搾取率は97・7%という驚くべき数字であった。しかし、上野千鶴子の時代の「家事労働搾取」概念が、夫が働き妻は家事労働に専念するという性別役割分業体制がまだ圧倒的であった時代の概念であり、妻が社会で働きたい意思を有しているのにもかかわらずその意思を夫(または社会)によって否定され、専業主婦として夫から家事労働を一方的に搾取されている、という内容であったのに対し、肥和野佳子さんのお宅のように、夫も妻も働いており、夫の方が妻よりも高収入を得ているのにもかかわらず夫が自己の意思で家事労働を進んで提供する、という場合の妻の夫からの「家事労働搾取」概念は、果たして上野千鶴子的な意味での「家事労働搾取」概念がそのまま妥当するのか否かが問題とならざるを得ず、従来の上野千鶴子的な意味での「家事労働搾取」概念に対して修正を迫ることになろう。