読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

【資料】菅野完 「私は、谷口雅春先生が大好きです。心酔している」「雅春先生のご事蹟は、日本の誇る霊的指導者」

(【衝撃の事実!】谷口雅春に心酔する「日本会議」のメンバーを批判した『日本会議の研究』の著者・菅野完自身が、谷口雅春に心酔する民族派だった!)

 

【本件記事の要点】

(1)菅野完氏の書いた日本会議谷口雅春先生の申し子です」という記事があります:

   http://www.sugano.ne.jp/2016/04/21/post-0-6/

(2)(1)の記事の終わりのほうに菅野完自身が保存した魚拓があります:

【魚拓】4月30日『日本会議の研究』愈々発売!! 谷口雅春先生に帰りましょう・第二

http://megalodon.jp/2016-0421-0835-38/bbs6.sekkaku.net/bbs/?id=kaelou&mode=res&log=269

(3)(2)の魚拓の中に

  日時:2016年04月20日 (水) 15時54分

  名前:菅野完

  という記事があります。本人が本人名義で投稿した記事です。

(4)(3)の記事で、菅野完氏は「私は、雅春先生が大好きです。心酔している」「雅春先生のご事蹟は、日本の誇る霊的指導者」と述べています。ご確認ください。

 以下は(2)の魚拓のコピーです:

megalodon.jp

谷口雅春先生に帰りましょう・第二》

318662

4月30日『日本会議の研究』愈々発売!!  (1183)
日時:2016年04月19日 (火) 19時58分
名前:菅野完

各位

お世話になっております。
いつも『ハーバービジネスオンライン』での連載「草の根保守の蠢動」、ご愛読ありがとうございます。筆者の菅野でございます。

大変長らくお待たせいたしましたが、あの連載の書籍版『日本会議の研究』 http://amzn.to/1QfsgVN が愈々4月30日、発売されます!
 
これもここまでご愛読頂いた、各位のおかげでございます。
改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。
 
書籍版では、今まで連載に登場しなかった、学ぶ会」の皆様には馴染み深い、あの人やその人も登場します!
ぜひ、お買い上げの上、ご高覧いただければと存じます。
 
なお、ご感想ご要望等は、
住所:東京都港区南麻布4-12-9-101(拙宅)
電話:090-2314-6758(携帯)
までお寄せいただければ、幸いです。

今後とも、お引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます!

平成28年4月19日
菅野

追伸:管理人の破邪顕正様へ。 このスレッドが削除されるかどうか、興味深く推移を見守りたいと思います。

 

左翼の書いた偏見の本に反撃せよ。  (1185)
日時:2016年04月20日 (水) 01時04分
名前:救国愛国

左翼の書いた本に反撃せよ。

よく調べているが、所詮、

国のいのちを見ていない。

日本会議谷口雅春先生の申し子です。皆さん応援しましょう。


 

買うと、反対勢力へのカンパ(協力金)になります。  (1186)
日時:2016年04月20日 (水) 01時10分
名前:tatara



買うと、反対勢力へのカンパ(協力金)になります。

次の批判本の費用になるでしょう。

谷口雅春先生が右翼の極悪人と後世に書かれてしまいます。

各、県の誌友会で「回し読み」しましょう。

 

参考:菅野完とは  (1187)
日時:2016年04月20日 (水) 03時00分
名前:現象なし

菅野完
@noiehoie


菅野完=noiehoie=ノイエホイエ=ノイホイ

https://youtu.be/T5PftiQ8Ye0

https://youtu.be/LUZ57tNL_4E

https://youtu.be/CRGVIdX7ZB0

https://youtu.be/YKlaZu6q_t8



 

捨てる本です。回し読みしたいものです。  (1189)
日時:2016年04月20日 (水) 07時22分
名前:掘


>各、県の誌友会で「回し読み」しましょう。

連絡を取り合い、

47都道府県で47部以上でないようにしたいものです。

すぐ読まなくても、捨てる本です。回し読みしたいものです。

 

薄っぺらいんだよなぁ  (1190)
日時:2016年04月20日 (水) 08時00分
名前:ヨグソトース

この人って、悦に入ってハーバーオンラインなんてブログやってるけど
このブログの情報も新鮮味がないし、
上っ面ばかりの薄っぺらい情報で、
しかも何を言いたいのか、したいのかが分からない。

だいたいオワコンになると、あちこちに喧嘩売って、
炎上商法に走るのが常。

キチ左の自慰にしか見えなんだよなぁ。

 

捨てる本ですから、“ 立ち読み ” よ !  (1191)
日時:2016年04月20日 (水) 08時13分
名前:光明霊波



>追伸:管理人の破邪顕正様へ。←間違いです。


完(まった)く、い菅野(かんの)~


あの連載の書籍版 “ 本 ”の内容も、肝心なところで“ズッコケ”ています。


>47都道府県で47部以上でないようにしたいものです。

           ↓

      < 立ち読みで、充分です。>


【 要注意 ! 】 “ 悪念波 ” の こもっている本は、身近に置くとよくないですよ。

         出版社の担当者に、圧力( シバキ!?、怒声一発 )をかけて、出版させたのか!?

         ( ユーチューブの映像から・・・・)



 

!!  (1195)
日時:2016年04月20日 (水) 12時18分
名前:童子


 菅野 完ってひどいねえ! (164)
日時:2016年02月29日 (月) 11時25分
名前:射手座


 ブログ 『反日勢力を斬る 2』 より

 http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/42080688.html
注目投票をする(41)













 

4月30日『日本会議の研究』愈々発売!!  (1196)
日時:2016年04月20日 (水) 13時43分
名前:菅野完

各位

皆様の熱いご支援のおかげでたった今、4/30発売の『日本会議の研究』 http://amzn.to/1QfsgVN 発売前の重版が決定いたしました!!!

本当にありがとうございます!!!!

 

このような認識で書いた本を、買う方も買う方です。  (1198)
日時:2016年04月20日 (水) 14時04分
名前:掘小庄司

炎上商法

>追伸:管理人の破邪顕正様へ。←間違いです。

この認識で書いた本です。

何故、真の本流ともいえる「真正生長の家」である「学ぶ会」の破邪顕正さまが掲示板の管理人などするものですか?

このような認識で書いた本を、買う方も買う方です。





 

菅野完様へ。  (1200)
日時:2016年04月20日 (水) 14時41分
名前:管理人

菅野完

少々挑発的な書き込みをご投稿くださり、ありがとうございます。

予想しておられたかもしれませんが、48時間ほどたったら、1183記事は削除させていただきます(親記事が消えると機械的に子記事も消えます。ご了解を)。

その理由は2点あります。


1183のように販売広告を目的としているらしい投稿は、本掲示板の目的と無関係であるから。


「この掲示板のルール」に明記してあるとおり、「この掲示板の目的」に反する書き込みは禁止させていただくからです。

『ハーバービジネスオンライン』での連載「草の根保守の蠢動」を拝見したところ、菅野完様は憲法改正に反対のご意見のようですが、谷口雅春先生は「憲法改正」を強く主張しておられました。


憲法問題」という重要なテーマについて谷口雅春先生と真逆の思想を持っておられる方のご投稿文は、残念ながら放置しておくことはできません。



それと、破邪顕正さんと本管理人とは全くの別人です。

それは本掲示板あるいは本掲示板のヘッドに貼りつけてある先代の掲示板を読んでいただいたらすぐに分かることです。

>管理人の破邪顕正様へ。このスレッドが削除されるかどうか、興味深く推移を見守りたいと思います。

とは、破邪顕正さんに、さらに管理人に対して少々無礼でしょう。





なお、「草の根保守の蠢動」を全部ではありませんが拝見しました。

面白い内容でした。

古いものから拝見していて気がついたことを、今後編集なさるときの参考までにお知らせしておきます。



昔から「日本の右傾化」に危機感を感じる方々は、ほとんどすべてが谷口雅春先生を「右翼。狂信的日本主義者」というように批判してきたものですが、なぜか「草の根保守の蠢動」では谷口雅春先生を悪く仰らない。

そのかわり、日本会議や安東巌さんたちを「右傾化の黒幕」のように言っておられる。

また、彼らが「生長の家」の谷口雅春先生に大きく影響された者ばかりであるとも仰っている。

ならば、危険な日本会議や安東巌さんたちに影響を与えた谷口雅春先生を批判しないと筋が通らないはずである。

しかし、谷口雅春先生を批判なさらない。

「なぜだろう?」

谷口雅春先生を悪く言われて困る人たちが著者の知り合いにいるのだろうか……」

つまり、日本会議や安東巌さんたちが悪の黒幕のように言われると喜び、谷口雅春先生が「右翼。狂信的日本主義者」と言われることを嫌がる…そういう人や組織が世の中にあるのだろうか……。

ここまで考えて、「あの組織」を連想しました。

「あの組織」を思い出したら、

菅野完様が、第22回
http://hbol.jp/67110
で、

>このイベントの参加者たちは、自分たちの活動や運動を「本流運動」と呼んでいる。

と、「本流運動」の自称をよくご存知なのに、

>しかし「生長の家」の分派活動は、この他にも数グループ存在しており、みな「本流運動」を自称している。本連載では混乱を避けるため

とか、

>かつまた、このイベントの参加者たちが「谷口雅春先生を学ぶ」誌を中心にしていることから

とか、不思議な理由で(本流諸派は混乱していない。「学ぶ誌」は原理主義のように固くも凶暴でもない)

>このイベントの参加者たちの集団を「生長の家原理主義者団体」、その主張内容を「生長の家原理主義」と呼称することとする。

と、強引に「生長の家原理主義」という言葉を貼り付けておられることに気づきました。

それと同時に、「生長の家原理主義」というレッテルは「あの組織」の、特に「あのお方」が本流諸派に擦り付けている言葉だということを思い出しました。




日本会議の研究』は面白いから三版四版となります。

そのさいに、「著者はあの組織と関係があるのではないの?」などと余計な誤解を受けることがないよう、これから編集なさる時には誤解を解くような工夫をされると、さらに売り上げがアップすることになると思います。



管理人 拝



 

4月30日『日本会議の研究』愈々発売!!  (1202)
日時:2016年04月20日 (水) 15時54分
名前:菅野完

管理人様

破邪顕s じゃなかった、○○○○さんと安東巌さんの関係を書ききれなかったことを今になって悔やんでいる菅野です。
 
少々誤解されておられるようですので、細くしておきます。
以下引用

>ならば、危険な日本会議や安東巌さんたちに影響を与えた谷口雅春先生を批判しないと筋が>通らないはずである。

>しかし、谷口雅春先生を批判なさらない。

>「なぜだろう?」

>「谷口雅春先生を悪く言われて困る人たちが著者の知り合いにいるのだろうか…」

>つまり、日本会議や安東巌さんたちが悪の黒幕のように言われると喜び、谷口雅春先生が
>「右翼。狂信的日本主義者」と言われることを嫌がる…そういう人や組織が世の中にあるのだろうか…。

>ここまで考えて、「あの組織」を連想しました。

結論から言えば、「雅宣さんは、自分で宗教やればいいのに。生長の家を名乗らないでご自分で独立されれば良いのに」と思っています。なので、もし管理人様がおっしゃる「あの組織」が現在の雅宣さん教団を指すのだとすれば、見当違いです。
 
日本会議の研究』の元となった「草の根保守の蠢動」の執筆は、一年に渡りました。この一年間、雅春先生の『生命の実相』は、頭注版で一回、満州版で一回、それぞれ通読しました。それまでも一人の民族派として、雅春先生のご著書は拝読しておりました。しかしどうしても「民族派としての理論武装」のための読書でしたので、いわゆる「愛国三部書」をはじめとする雅春先生の愛国の情溢れるご著書に触れる機会しかありませんでした。ですが、やはり、『生命の実相』(とりわけ満州版の信の巻!)に接するに、雅春先生の偉大さと純真さがみにしみてわかりました。さらに、『明窓浄几』を草創編から修練編まで拝読して、雅春先生のお考えの広さ、目配りの暖かさに、時折涙することさえありました。 
 
私は、雅春先生が大好きです。心酔していると言ってもいいかもしれません。今、仕事のため、戦後に立ち現れた数々の新興宗教を研究しております。雅春先生とそれら「教祖たち」は少し位相が違うと思います。とりわけ帰幽される直前の雅春先生のご事蹟は、日本の誇る霊的指導者だとさえ思います。
  
これは決して、「だから雅春先生を批判できないのだ」と申し上げているのではありません。
「雅春先生を批判する必要性を認めない」と申し上げているのです。
 
例えば、雅春先生の『天皇絶対論とその影響』は、戦前戦後を通して、日本の右翼・民族派がものにした著作の中で群を抜いて素晴らしいものと思います。あの考え方はあの考え方でいいんです。また、雅春先生のおっしゃる明治憲法復元」も考え方としてはありだとさえ思います(いわゆるポツダム勅令による戦後の改革は、雅春先生のおっしゃるように「革命」というべきものでしょう。その革命を復元するのは、民族派として真っ当な考え方です)
 
だから私は、「谷口雅春先生を批判する必要はない」と思っているのです。
 
ただ、「谷口雅春先生を信奉し、谷口雅春先生のお考えを実地に移す政治運動」をやっておられる方々が、谷口雅春先生を前面に押し出さないのは、批判の対象たりうると思います。
 
比べるのも失礼ながら。。。幸福実現党の政治運動は、幸福の科学の政治運動であることを誰だって知っています。で、大川隆法の考えが政治運動になっていることを誰だって知っています。それでいいじゃないですか。その上で、その政治運動なり、大川隆法の考えなりが、議論の対象になればいい。
 
これを、安東さん界隈に移し替えると、「なぜ、学ぶ会の政治運動としてやらないのか?」「なぜ、安東さんが前面に出ないのか?」ということになります。安東さんが前面に出てきて、『天皇絶対論とその影響』なり『私の日本憲法論』なりあるいは安東さんご自身の『わが思い ひたぶるに』なりを示しつつ、「明治憲法復元こそ、雅春先生がお示しになった大義!」ときっちり言えばいいじゃないですか。もっと言えば安東さんの御実績を鑑みるにその方が、運動として成功の確率は上がりそうだとさえ思います。
 
だから私は、「雅春先生を批判せず、安東さんや前原さんや椛島有三さんを書いた」のです。
 
これは「アメリカによってつくられた憲法(押し付けだとは思わないが)をいつまでも抱いているのは愚の骨頂。早々に改憲すべし。しかしながら改憲するならば、近代に至るまで人類がきづきあげてきた英知に立脚し、立憲主義に基づいた正当な保守主義的な憲法を起草して議論に臨むべし」と長年主張している一人の民族派としての私の誠であります。


それが、私の『日本会議の研究』の意図であります。
 

 
>そのさいに、「著者はあの組織と関係がある
>のではないの?」などと余計な誤解を受ける
>ことがないよう、これから編集なさる時には
>誤解を解くような工夫をされると、さらに売
>り上げがアップすることになると思います。

ありがとうございます。
とかく人は、何か対立する意見を見かけると、その背後に組織的なものがあるのではないかと思いがちですが、往々にしてその読みは外れます。世の中には、「これはおかしいじゃないか!」と声を一人であげる人がたくさんいるのです。拙著もその一つとしてご高覧賜れば、幸甚です。
 
これからも、安東さんの顰にならい「百万部運動」をお手本として、頑張ります。
何卒、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

頓首九拝
菅野

追:「宣伝目的」での書き込みがNGであれば、4月の全国大会の告知もやっぱりNGなんですかね?

 

 “ 悪念波 ” の こもっている本は、立ち読みも要注意  (1210)
日時:2016年04月20日 (水) 22時57分
名前:お知らせいたします。


いつも春になると、個人的宣伝と、尊師の救いの書き込み、との違いも


区別がつかない、おかしな人が、出てくるものですね。




要注意な “ 悪念波 ” の こもっている本は、立ち読みも

しなません。時間の無駄です。

触ってしまった方は、必ず手を浄めましよう。