読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

菅野完、ロシア・スプートニクのインタビュー

ベストセラー『日本会議の研究』の著者、菅野完氏に聞く!安倍政権に影響を及ぼす市民団体、日本会議の正体とは?

  

 菅野完氏はこれまでと同様、上記インタビューでも、日本会議の中心メンバーに谷口雅春原理主義者がいる事実、及び、谷口雅春の思想が日本会議を支配している事実を隠蔽した。上記インタビューでは「谷口雅春」はおろか「生長の家」という言葉すら出てこなかった。

 菅野氏は『日本会議の研究』では日本会議の中心メンバーである谷口雅春原理主義者たちの草の根民主主義によって立憲主義が破壊されるとか民主主義が殺される、といった形で日本会議について非常に勢いのある団体であるかのごとく書いていたが、最近では次第に、上記インタビューのように、「日本会議にもいろいろな人がいて、いろんなことをしています、日本会議だけで国会議員を多数選出するほどの力はありません、日本会議も他の弱小団体とたいして変わらない団体です」といった趣旨の発言が増加してきており、日本会議の持つ権力や勢いについての発言内容が以前に比べ大きくトーンダウンしてきている。

 菅野氏自身が谷口雅春の思想に心酔する民族派である(※1)ので菅野氏は谷口雅春の思想の危険性(※2)に触れ、谷口雅春の思想を鋭く批判することはできない。そのため上記インタビューは非常に歯切れの悪い、欺瞞に満ちた内容になっている。

 

(※1)

http://shinjiro7.hatenablog.com/entry/2016/07/31/000000

(※2)

ここでいう「谷口雅春の思想の危険性」とは谷口雅春の思想が日本国憲法秩序に矛盾抵触する次のような思想的危険性のことをいう:

谷口雅春天皇信仰、国家主義全体主義基本的人権否定思想、女性差別思想

http://sei4ch1ou.seesaa.net/article/439280417.html