読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

菅野完『日本会議の研究』の研究8 ~目くそ鼻くそ~

第1 2016年7月5日、菅野完の発言

【1】

f:id:shinjiro7:20160706133337p:plain

【2】

f:id:shinjiro7:20160706135448p:plain

【3】

f:id:shinjiro7:20160706140157p:plain

第2 研究

 菅野完氏によれば「日本政策研究センター」のセンター長である伊藤哲夫氏は生長の家原理主義者(谷口雅春原理主義者)である。「谷口雅春原理主義者」とは生長の家創始者・谷口雅春のかつて説いた教えを文字通りに実践しようとする人々のことで、生長の家3代目・谷口雅宣氏によれば「犯罪者(もしくはその予備軍)」と同じ概念である。

 もし菅野氏の言うように、「谷口雅春原理主義者」である伊藤哲夫氏がセンター長を務める「日本政策研究センター」の出版物に書かれている政策内容の通りに安倍政権の政策が動いているのであれば、菅野氏は端的に、「谷口雅春原理主義者」が安倍政権を支配している、と言えばよいはずであるが、菅野氏はそこまでは言わないし書かない。なぜなら菅野氏自身が、谷口雅春が大好きで、谷口雅春に心酔する「谷口雅春原理主義者」だからである。ここで菅野氏がもし「谷口雅春原理主義者」が安倍政権を支配していると言ってしまうと、谷口雅春のかつて説いていた思想内容にも必然的に触れなければならなくなり谷口雅春の批判・悪口につながるのでそうした事態に陥ることは巧妙に避けている。菅野氏は、「日本会議」や「日本政策研究センター」は徹底的に批判するが、谷口雅春の思想だけは絶対に批判も悪口も言わない(※1)。この姿勢が、著書『日本会議の研究』を非常に中途半端な出来の悪い書物にしてしまったことは過去記事で既に述べたとおりである。

 上記ツイート【3】で菅野氏は三宅洋平氏の主義主張陰謀論似非科学であるとして厳しく批判しているが、菅野氏の心酔する谷口雅春の思想こそまさに陰謀論であり似非科学そのものである。谷口雅春陰謀論似非科学に心酔する菅野氏が、安倍総理陰謀論似非科学と批判するのは、非常に矛盾している。目くそ鼻くそをそしる(※2)(※3)、である。

 

 注

(※1)

菅野氏は『日本会議の研究』238頁でも「やはり、谷口雅春の存在では全てを解説できない」と嘘を書いている。「日本会議」の行っていることは谷口雅春の思想の文字通りの実践そのものである。谷口雅春の思想(教え)は天皇信仰や、国家主義的・全体主義的な教え、基本的人権否定、女性差別外国人差別の内容の教え、明治憲法復元運動、など日本国憲法秩序に矛盾抵触する危険思想がその核心をなしているが、本書はこの谷口雅春の思想の危険性を隠蔽する欺瞞に満ちている。

(※2)

菅野完が「谷口雅春原理主義者」で、安倍総理も「谷口雅春原理主義者」である伊藤哲夫氏の言うことをそのままきく人間であるのなら、菅野氏も安倍総理も両方とも目くそ、もしくは両方とも鼻くそ、ということになり、目くそが目くそをそしる、もしくは鼻くそが鼻くそをそしる、というべきかもしれない。

 (※3)当方は三宅洋平氏がどのような人物かは全く存じておりません。三宅洋平氏のことを「目くそ」「鼻くそ」という趣旨では全くございません。当初の書き方は誤解を招く書き方をしておりましたので、その後、文章を変更しました。