読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

菅野完著『日本会議の研究』の研究7 本書の評価・まとめ

【注意:私の家は母が生長の家を信仰していますが、私自身は生長の家に反対しています。創始者谷口雅春氏の教えは天皇信仰や、国家主義的・全体主義的な教えや女性差別的な教えがその核心をなしており、日本国憲法秩序に矛盾・抵触すると判断したからです。この点、誤解のないようお願いします。松浦】

 

(今回は基本的には前回の記事「6」とほぼ同じ内容になりますが、こちらのほうがまとまりよく書けていると思います。) 

【『日本会議の研究』の評価・まとめ】

 菅野完氏は生長の家創始者・谷口雅春氏の思想に心酔する民族派である(※1)。谷口雅春氏の教えは天皇信仰や、国家主義的・全体主義的な教え、基本的人権否定、女性差別外国人差別の内容の教え、明治憲法復元運動、など日本国憲法秩序に矛盾抵触する危険思想がその核心をなしている(※2)。菅野氏はその著『日本会議の研究』において谷口雅春氏の教えを文字通りに国政に反映させようとする「生長の家原理主義者たち」(一群の人々)が日本会議の中心メンバーである事実を描いた。しかし菅野氏自身が谷口雅春氏の思想に心酔する民族派であるため、同書においては谷口雅春氏の思想そのものを詳細に紹介しその問題点や危険性について批判的に検討することまではできなかった(※3)。すなわち菅野氏は同書において谷口雅春氏の思想が日本国憲法秩序に矛盾抵触する危険思想である点について詳細な批判的検討はできなかった。その意味で同書は極めて中途半端で不充分な内容に終わった。菅野氏は谷口雅春氏の思想に心酔していながら、あたかも自分だけは谷口雅春氏の思想に反対する護憲派や左派系であるかのような口ぶりで著書を執筆した点に菅野氏のゴマカシがあり、インチキがある。日本中が菅野氏にまんまと騙され、菅野氏の著書を購入させられた(※4)。菅野氏が同書刊行後に書いた記事等においても谷口雅春氏の思想が日本国憲法秩序に矛盾抵触する危険思想である点についての踏み込んだ記述は一切行われておらず、かえって菅野氏は「ニッポンのオッサン」「女子供は黙ってろ運動」などといった曖昧不明確な概念を、谷口雅春氏の思想との思想的関連性を一切明らかにしないまま用いて日本会議を分析(※5)することによって、谷口雅春氏の思想の上記危険性を隠蔽するとともに谷口雅春氏の思想に支配された日本会議の真の危険性をも隠蔽する結果となっている。

 

(注)

(※1)

【資料】菅野完 「私は、谷口雅春先生が大好きです。心酔している」「雅春先生のご事蹟は、日本の誇る霊的指導者」 - 松浦総合研究所

(※2)

谷口雅春氏の女性差別思想:

http://www.geocities.jp/seichou5/newpage21.htm     

谷口雅春氏の天皇信仰、国家主義全体主義基本的人権否定思想

http://sei4ch1ou.seesaa.net/article/439280417.html

(※3)

日本会議明治憲法復元を最終目標としている事実については本書でも触れられている。本書185頁、220頁参照。しかし、本書は谷口雅春氏が明治憲法復元運動を行っていた事実については触れていない。(1)日本会議の中心メンバーに谷口雅春原理主義者がおり、現在、明治憲法復元を最終目標として活動している事実があり、かつ、(2)谷口雅春が過去に明治憲法復元運動を行っていたが失敗に終わった事実、の2つの事実がある以上、(2)の事実についても本書で紹介し(1)の事実と(2)の事実の関連性についても検討するのが当然であると思われるのに、本書では書かれていない。谷口雅春女性差別思想についても同様の現象がみられる。本書にはこういう形の「ゴマカシ」「インチキ」が随所に見られる。「谷口雅春氏の思想に心酔する民族派」である菅野氏が谷口雅春の思想を批判することなど畏れ多くてとてもできないのである。

(※4)

あの上野千鶴子氏もまんまと騙され菅野完の本を紹介してしまった。

http://mainichi.jp/articles/20160614/dde/012/070/005000c

(※5)菅野氏の下記記事を参照。

なぜメディアは日本会議を報道してこなかったのか

菅野氏が指摘する、日本会議がこれまで取組んできた『男女共同参画反対』『慰安婦報道反対』『夫婦別姓反対』『性教育反対』といった反対運動の根底には谷口雅春氏の女性差別思想がある。いや、これらの運動は谷口雅春の教えの実践そのものといってよい。ところが「谷口雅春氏の思想に心酔する民族派」である菅野氏が谷口雅春を批判することなど畏れ多くてとてもできないのである。それならば菅野氏は最初から日本会議谷口雅春原理主義者を批判する内容の本書を執筆しなければよかったではないか、ということになるが、金儲けの手段として谷口雅春原理主義者を取り上げて叩くことは問題ない、と菅野氏は考えたのであろう。自分が知悉している谷口雅春をネタに本を書くことは、とても書きやすく菅野氏にとって都合が大変よかった、という事情もあるかもしれない。