読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

★★★佐々木惣一先生からあなたにメッセージが届いています★★★

 政治は固(もと)より憲法に違反してはならぬ。而(しかれど)も憲法に違反しないのみを以って直に立憲だとは云えない。違憲では無いけれども而も非立憲だとすべき場合がある。立憲的政治家たらんとする者は、実に此の点を注意せねばならぬ。違憲とは憲法に違反することを謂うに過ぎないが、非立憲とは立憲主義の精神に違反することを謂う。違憲は固より非立憲であるが、然(しか)しながら、違憲ではなくとも非立憲であると云う場合があり得るのである。然(さ)ればいやしくも政治家たる者は違憲と非立憲との区別を心得て、其の行動の、ただに違憲たらざるのみならず、非立憲ならざるようにせねばならぬ。彼(か)の違憲だ、違憲でないと云う点のみを以って攻撃し、弁護するが如きは、低級政治家の態度である。

 違憲でなくとも非立憲であることの避くべきは、国務大臣の行動及び議会の行動に関して特に注意せねばならぬ。

 

(佐々木惣一『立憲非立憲』講談社学術文庫62-63頁)