読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

井上武史氏は「憲法の抹殺者」と言わざるをえない

【1】

business.nikkeibp.co.jp

 

【2】井上武史氏の問題点

 憲法前文憲法の一内容をなしており、前文(注)と9条を整合的に解釈すれば集団的自衛権行使は違憲、という解釈も充分に成り立ちうるにもかかわらず、井上武史氏はことさらに前文の存在を無視したうえ、「憲法集団的自衛権行使を禁止していないから合憲」という。「憲法の抹殺者」と言わざるをえない。

 井上武史氏は記事中、次のように述べている。「 憲法学者憲法が最高法規であることをいいことに、いろいろな個人的な想いや信念を『学説』という権威をまとわせて語る。しかし憲法は全ての人の生活にかかわることなので、解釈論を展開するときに個人的な想い入れや価値観を込めて良いのか。むしろそのような個人的な想い入れから憲法(理論)を解放したい」と。

 しかし憲法学者が従来『学説』として語ってきた事柄のなかで最高度の重要性を有することは前文の「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」という、平和主義への決意であったはずであり、決して井上氏の言うような憲法学者の単なる「個人的な想いや信念」ではなかったはずである。井上氏にはこの点の認識が欠如している点が大問題である。そして井上氏は、「個人的な想い入れから憲法(理論)を解放したい」、と言うが、結局これは、井上氏が、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」という日本国民の決意を放棄し、日本の軍国主義化を許す解釈理論を採用したい、と言っているに等しい。

 

(注)

特に「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」た、との文言。