読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

【人間観察】井上武史氏はなぜ、なんのために、安倍総理にこれほどまでの忠義を尽くすのか?

【1】

f:id:shinjiro7:20160521045921p:plain

f:id:shinjiro7:20160521045941p:plain

 

【2】問題点

安倍総理の「私は立法府の長であります」との発言にも驚かされるが

井上武史氏の、

  (1)「文脈」にもとづいた上記安倍総理発言の、強引な無理やりの修正

 →(2)「修正後の安部総理発言は議院内閣制の下で許される」

 →(3)「安倍総理は悪くない、うわべだけ批判するメディアが悪い」

という、徹底した安倍総理擁護にも驚くほかない。

 安倍総理にこれほどまでの忠義を尽くすことで、井上武史氏はいったい何を得るのであろうか?なぜ、なんのために、安倍総理にこれほどまでの忠義を尽くすのであろうか?憲法学者としての矜持はないのであろうか?

 

 【3】安倍総理を善解する新たなる忠義者

 その後、井上武史氏と同様に、安倍総理を善解する新たなる忠義者が現れた。

高橋雄一郎弁護士である。下記のとおり、井上武史氏と同一の見解である。

高橋弁護士は知財系弁護士である。

これほどまでに安倍総理を善解するということはアベノミクスでよほど儲かったのだろう。しかし弁護士としては、国家権力を批判的に見る目も持ちたいところ。

f:id:shinjiro7:20160523151541p:plain