読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

井上武史先生は芦部信喜『憲法』1冊だけに絞ってしっかり読み込むべき

1 井上武史先生はツイッターで「憲法前文」を「平和主義」の根拠と考えるのは「非専門家」の「独自説」であって、憲法学者にそのような見解をとる者はいないと言いました(下の写真参照)。

f:id:shinjiro7:20151005224621p:plain

 

2 しかし芦部信喜著『憲法』(1997)には、「日本国憲法は、国民主権基本的人権の尊重、平和主義の三つを基本原理とする。これらの原理がとりわけ明確に宣言されているのが憲法前文である」と書かれています(同書35頁)。つまり「憲法前文」は「平和主義」の根拠なのです。井上先生は憲法の教科書の読み込みが全く足りていないのです。

 

3 それにもかかわらず井上武史先生は複数の教科書や体系書を読め、といいます(下の写真参照)。

f:id:shinjiro7:20151005225106p:plain

4 井上武史先生は難しいことを考えてあれやこれやと手を広げるから芦部信喜レベルの知識が抜け落ちるのです。あれこれ手を広げる前に、芦部信喜憲法』1冊だけに絞ってしっかり読み込むべきだと思います。これは、学生に間違った憲法知識を教えないためにもとても重要なことです。

 

5 上記以外にも井上先生は「三大基本原理」についても、なにが憲法の基本原理であるかははっきりしない、などと、「三大基本原理」それ自体を否定するようなことをおっしゃっている。こんなことを言う先生に学生が憲法を習って、その学生が社会に出て、「三大基本原理」なんてなんの根拠もないんだ、とか、なにが憲法原理かはほんとうは誰にもわからない、とか、平和主義なんて存在しないから、憲法軍国主義憲法に改正してもいいんだ、とか、そういうデタラメを言い始めたら、本当に大変なことで、まさに立憲主義の危機だと思います。井上先生は、難しいことは考えなくていいので、芦部信喜憲法だけしっかり勉強して、芦部憲法だけ学生にしっかり教えてください。 以上