読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

『原典でよむ 20世紀の平和思想』 (岩波現代全書)  小菅信子編

 

 

【松浦晋二郎コメント】

 『原典でよむ 20世紀の平和思想』 (岩波現代全書)の編者である小菅信子教授はツイッターで「平和を思想し実践するのは、孤独で貧しい営みです。」と述べている。

 しかし「平和を思想し実践する」ことが、「孤独で貧しい営み」であるのなら、これを反対解釈すれば、平和を思想し実践することをやめてしまえば他人との連帯感に満ちた豊かな生活を送ることができる、ということになりはしないか?

 また、「貧しい営みです」というのも意味がよくわからない。なぜ「貧しい」のか。小菅氏は「平和を思想し実践」したからこそ、大学教授になることができ、現在、充分に豊かな生活を送っているのではないのか?

 こうした根本的な疑問が生じたので、当初は本書の購入を考えた私であったが、購入をやめることにした。