読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

「ジャパン・トイレ・チャレンジ」、「快適トイレ」国民運動の正体 ~「Love Piece Club - 第17回 優先課題、それじゃない! / 打越さく良」を読んで~

 

「ジャパン・トイレ・チャレンジ」、「快適トイレ」国民運動の正体

 ~「Love Piece Club - 第17回 優先課題、それじゃない! / 打越さく良」(注)を読んで~

                           松浦晋二郎

 

 有村大臣肝入りでスタートした「ジャパン・トイレ・チャレンジ」、「快適トイレ」国民運動なるものは、古代ローマでいう「パンと見世物」に匹敵するものであると思われる。

 古代ローマでは戦争に駆り出され没落した農民が都市に流入したが、これら農民たちの不満を和らげるために「パンと見世物」が用意された。これと同じように、日本でも労働者派遣法改正によって今後、低賃金・不安定雇用から一生抜け出せなくなる女性たちのために「快適トイレ」を国が用意することによってこれら女性たちの不満を和らげようという政府の作戦であろう。

 より根本的なことを言えば、安倍政権の理想とする全体主義国家においては、批判精神も論理力もかなぐり捨てて、働いて、食べて、うんこして、おしっこして、寝て、国から戦争に行けと命じられれば満面の笑顔で戦争に行って死ぬ、そういう従順で素直な国民が最も望まれる。そこで女性たちも、批判精神も論理力もかなぐり捨てて、頭空っぽになって、一日中朝から晩まで「快適トイレ」でウンコしたりおしっこしたりする、そんな女性たちばかりになることが安倍政権にとって最も望ましいのである。

 

(注)

Love Piece Club - 第17回 優先課題、それじゃない! / 打越さく良 http://www.lovepiececlub.com/feminism/uchikoshi/2015/07/02/entry_005772.html