読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

啓発チラシ「男女共同参画法に違反」 大学教授が市提訴

啓発チラシ「男女共同参画法に違反」 大学教授が市提訴:朝日新聞デジタル 【コメント】 志布志市のPR動画騒動もそうであったが、本件のようなCMやチラシの作成の際には、男性に対してだけ、あるいは女性に対してだけ、特定の行為をさせるとか、特定の発言を…

Twitterで「わいせつ広告」が急増⇒女性大学教授・女性弁護士のtwitter生活はどうなる?

Twitterで「わいせつ広告」が急増、業績不振が理由とうわさも Twitter広報に聞いてみた (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース 【コメント】 日頃twitterで声高にポルノ規制を叫んでいる女性大学教授・女性弁護士のtwitter生活はtwitter社のわいせつ広告料収入で成…

「池田信夫にブロックされて一人前ですよ。Twitterの世界では♪」鈴木東四郎氏

【コメント】 私も去年、池田氏に質問したいことがあったので質問したら30秒後にブロックされました。20秒後だったかも知れません。 li:hover, .u-dropdownUserColor > li:focus, .u-dropdownUserColor > li > button:hover, .u-dropdownUserColor > li > bu…

伊藤和子弁護士、ヒューマン・ライツ・ナウの人権活動の問題点を140字で言うと、どうなるの?

裁判では当事者の主張する事実を証拠に照らして公平中立な裁判官が判断するが、弁護士が裁判手続を利用せずいきなり国連に性犯罪を告発することは、私人にすぎない弁護士が事実上、同時に裁判官の役割も兼ねて一方当事者が他方当事者に私的制裁を行うことに…

司法試験合格のためには法科大学院の教育は効果がさほど無く、むしろ合格にとって有害である可能性がある

下記【証拠1】乃至【証拠3】から、次の事実(1)(2)が明らかとなった。 (1)法科大学院の授業は司法試験の不合格をもたらす場合がある(【証拠2】)。 (2)卒業後、受験勉強に専念すると学力が飛躍的に上昇し、優秀な成績での司法試験の合格をもたら…

三浦瑠麗氏にあなたは賛成ですか?

軍隊は戦争をしたがるから国軍を民意で統制する、というシビリアンコントロールの思想は間違いで、歴史的にはむしろ民意が戦争を引き起こしてきたので、老若男女を問わない徴兵制を導入すれば民意が戦争を引き起こさなくなるはずだから老若男女を問わない徴…

現行法上、性風俗営業が届出制であることと伊藤和子弁護士の主張にかかる、AV産業を国が管理監督すべき、とする主張との整合性

【1】伊藤和子弁護士のツイッター発言 【2】 伊藤和子弁護士の上記ツイートに対して、私が 伊藤和子弁護士「AV強要被害問題は今、どうなっているのか」の問題点 - 総合研究所 の記事で書いた問題意識に基づき、下記のとおり質問しました。 伊藤和子弁護士…

現代社会の存立構造 ~世界中でモテまくる日本人女性~

【現代社会の存立構造】 HRN(注1)の報告書を読んだ世界中の男性がいま「日本では女性がAV出演を強要されても処罰する法律すらない(注2)。そんな国から来た女性なら性的に奔放なはずだから簡単にヤレる」と勘違いしているころだから、日本人女性がいま…

突撃!となりの晩ごはん 妻の夫に対する夕飯家事労働搾取率・肥和野佳子さんの場合

【コメント】 上のとおり、肥和野佳子さんのお宅では妻の夫に対する夕飯の家事労働搾取率は97・7%という驚くべき数字であった。しかし、上野千鶴子の時代の「家事労働搾取」概念が、夫が働き妻は家事労働に専念するという性別役割分業体制がまだ圧倒的であ…

【朝日新聞の問題点】性犯罪の厳罰化、法制審が答申 刑法、大規模改正へ:朝日新聞デジタル

性犯罪の厳罰化、法制審が答申 刑法、大規模改正へ:朝日新聞デジタル 【コメント】 上記記事では、 現行の強姦罪などは加害者の「暴行や脅迫」が成立の条件で、「被害者が抵抗しなかった」として立件が難しいケースがある。新たな罪では、抵抗の有無にかか…

児童ポルノ調査報告書「根拠に疑問」「DMMは過剰反応」奥村弁護士が指摘 (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

児童ポルノ調査報告書「根拠に疑問」「DMMは過剰反応」奥村弁護士が指摘 (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース 【コメント】 HRNの調査報告書は突っ込みどころ満載、といった感じだったが、奥村徹弁護士のコメントは論理的であり、納得できる。 div{overfl…

「合意があると思っていた」なら「悪質ではない」のか 高畑裕太氏弁護人コメントへの疑問 (太田啓子)、の問題点

【結論】(←忙しい人はここだけ読んで下さい) 行為無価値論に立てば、行為者の内心的・主観的事情が違法性の評価資料になるのだから強姦罪加害者が「合意があるものと思っていた」との主観的事情が「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」ことの理由にな…

伊藤和子弁護士・HRN報告書「日本・児童ポルノ規制の実情と課題」の問題点

HRN報告書「日本・児童ポルノ規制の実情と課題」の問題点について以下、検討する。 http://hrn.or.jp/wpHN/wp-content/uploads/2016/09/816a2c96bfe3e04d150cd389b1218c3b.pdf 問題点1 3号ポルノ規制は1号・2号ポルノ規制に比べ、文言上、「衣服の・・・…

伊藤和子弁護士「AV強要被害問題は今、どうなっているのか」の問題点

【1】今回は伊藤和子弁護士の次の記事の問題点を検討する。 AV強要被害問題は今、どうなっているのか。(伊藤和子) - 個人 - Yahoo!ニュース 【2】 伊藤和子弁護士は、AVへの出演強要の有無を国の監督官庁が管理すべき、と主張しているが、もしこれが実現す…

東大女子は入れないサークルや東大美女図鑑 ジェンダー論が専門の東大教授はどう見る - 東大新聞オンライン

東大女子は入れないサークルや東大美女図鑑 ジェンダー論が専門の東大教授はどう見る - 東大新聞オンライン 【コメント】 男性が2~3億円を稼ぐことができるようになるから、との理由で、一日2時間、男性が家事・育児への協力をする、というのでは、本当の…

全日本おばちゃん党の反対運動

【コメント】 全日本おばちゃん党が日本国憲法秩序を維持・貫徹するために行っているさまざまな反対運動は、それ自体、尊い運動であるが、これまで全日本おばちゃん党が「老若男女を問わない徴兵制」を唱える三浦瑠璃(注1)に反対声明を出したことなど一度…

緊急事態条項、井上武史氏の致命的な誤解

【コメント】 井上武史氏は、憲法は国家権力の濫用から国民の人権を守るためにあるという立憲主義の考え方について国内での一致が見られる諸外国と、その点の一致が国内で見られない日本とを混同して日本の緊急事態条項導入の是非について議論している点で憲…

【資料】菅野完 「私は、谷口雅春先生が大好きです。心酔している」「雅春先生のご事蹟は、日本の誇る霊的指導者」

(【衝撃の事実!】谷口雅春に心酔する「日本会議」のメンバーを批判した『日本会議の研究』の著者・菅野完自身が、谷口雅春に心酔する民族派だった!) 【本件記事の要点】 (1)菅野完氏の書いた「日本会議は谷口雅春先生の申し子です」という記事があり…

菅野完まとめ

【1】『日本会議の研究』10頁で菅野完は「右翼であり保守」を自認している。また菅野はHPで「私は、雅春先生が大好きです。心酔している」「雅春先生のご事蹟は、日本の誇る霊的指導者」とも述べて谷口雅春を絶賛している(注1)。 【2】谷口雅春はかつて…

菅野完『日本会議の研究』の研究9 ~週刊朝日2016年7月15日号~

第1 週刊朝日2016年7月15日号 「日本会議」会長に著者・菅野完が反撃「どこが事実誤認なのか? 公開討論を」 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版 第2 研究 これまでも繰り返し述べてきたように、『日本会議の研究』は菅野完という「谷口雅春の極右思想に…

安全保障関連法案 関連リンク集

●【講演録】岡野八代教授「戦争と民主主義を考える ‐ 個人の尊厳を守る政治のために」 – 市民社会フォーラム ●戦後日本と立憲主義・民主主義 その緊張関係を巡って 001|集英社新書 ●集団的自衛権の行使について 福島みずほ 2014年03月05日 21:30 ●(憲法を…

明治憲法下の家父長制はいまもなお日本社会の風潮として色濃く残っている

【コメント】 上掲写真はツイッターのTLで偶然発見した記事である。 2016年5月11日の東京新聞朝刊29面だそうである。 この記事を読めばお解りいただけるように、夫は「鬼木さん」で、妻は「澄子さん」と書かれている。夫は「姓」で書かれているにもかかわ…

【心霊動画?】今なお蓮舫議員に思いを寄せる舛添要一氏の生霊だ、とでも言うのであろうか。

rocketnews24.com 動画24:14でたしかに背後から手が出ている。 蓮舫議員の隣にいる人物の手が写りこんだだけかもしれないが、それにしては手の出方が不自然な感じもする。 今なお蓮舫議員に思いを寄せる舛添要一氏の生霊だ、とでも言うのであろうか。

ヒューマンライツナウ・伊藤和子弁護士の問題点 ~無罪推定の原則~

【1】証拠物件A PC遠隔操作事件 PC遠隔操作事件・無罪推定原則を無視した「人民裁判」的な容疑者報道が目に余る。(伊藤和子) - 個人 - Yahoo!ニュース 【2】証拠物件B AV出演強要問題に関してAVプロダクション社長が逮捕された件 皆様へのお願い・AV…

ヒューマンライツナウ・伊藤和子弁護士「報告書」の研究 3 ~東京地裁の判例が3つあれば「既に確立した解釈」になるのか?~

第1 証拠 1【証拠1】労働者派遣法の有罪事例 東京地裁の判例3つ ヒューマンライツ・ナウの国連報告書 10頁の注 http://hrn.or.jp/wpHN/wp-content/uploads/2016/03/c5389134140c669e3ff6ec9004e4933a.pdf 2 【証拠2】伊藤和子弁護士のヤフー記事 http://by…

★★★佐々木惣一先生からあなたにメッセージが届いています★★★

政治は固(もと)より憲法に違反してはならぬ。而(しかれど)も憲法に違反しないのみを以って直に立憲だとは云えない。違憲では無いけれども而も非立憲だとすべき場合がある。立憲的政治家たらんとする者は、実に此の点を注意せねばならぬ。違憲とは憲法に…

ヒューマンライツナウ・伊藤和子弁護士「報告書」の研究2 AV出演被害女性は「債務奴隷」なのか?

【1】ヒューマンライツ・ナウ 国連への報告書32頁 http://hrn.or.jp/wpHN/wp-content/uploads/2016/03/c5389134140c669e3ff6ec9004e4933a.pdf 【2】研究 1 ヒューマンライツナウ、伊藤和子弁護士の上記報告書によればAVに出演する女性は「債務奴隷」で…

大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」産経新聞 6月12日(日)

【1】 headlines.yahoo.co.jp 大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」 産経新聞 6月12日(日)7時55分配信 違法なアダルトビデオ撮影の構図(写真:産経新聞) 経営していた芸能事務所に所属していた女性を、実際の性行為を含む…

陸上自衛隊が「守りたい人がいる」をやめて「抜刀隊」になった

【1】 【2】コメント 陸上自衛隊の上記エンブレムは<軍歌>「抜刀隊 陸軍分列行進曲」をイメージして作られたものと思われる。 いまはまだ日本国憲法が存在しているからエンブレムを変更する程度で済んでいるけれども、今後、「公益及び公の秩序」を前面に…

学術会議会長「自衛目的の研究許容を」 軍事否定から転換の可能性

【1】 www.tokyo-np.co.jp 【2】コメント いまはまだ日本国憲法が存在しているから「大学などの研究者が、自衛の目的にかなう基礎的な研究開発することは許容されるべきだ」程度の発言で済んでいるけれども、今後、「公益及び公の秩序」を前面に押し出した…

舛添要一氏を調査する「第三者」の問題点

舛添要一氏を調査する「第三者」の問題点は以下のとおり。 ★舛添氏が資金を出して弁護士に依頼したのではそもそも中立公平な「第三者」にならないのではないか。 ★舛添氏が「調査」の内容としてどこまでの調査を考えているのかはわからないが、たとえば政治…

コールドケース シーズン4 第1話 「ビデオカメラ」

コールドケース シーズン4 話数限定 第1話 「ビデオカメラ」|GYAO!|ドラマ 少年の銃乱射事件から11年も経ってから、現場の排気口からビデオカメラが発見され、実は首謀者がもう一人いた事実が判明したって、どういうことだ??事件当時、捜査機関はなにを…

★★★土井たか子先生からあなたにメッセージが届いています★★★

【メッセージ1】 【メッセージ2】 「私が拉致問題を朝鮮総連に通報して、解決を妨害しようとしたなどとも言われましたが、そんな事実は一切ありません」 (土井たか子、『護憲派の一分』角川書店、156頁)

蓮實重彦・元東大学長、三島由紀夫賞受賞

【1】 mainichi.jp 【2】 私は東京大学で駒場時代、蓮實重彦先生にフランス語を2年間教えていただいた。蓮實先生と他の先生も含め、フランス語の成績はすべて「優」を頂いた。蓮實先生は「あなたたちが外国語を勉強するのは外国人と仲良くなるためじゃない…

産経新聞社政治部編集委員・阿比留瑠比氏の問題点

【1】阿比留瑠比氏の論説【阿比留瑠比の視線】 【阿比留瑠比の視線】なぜ民進党が「立憲主義」の守護者を装うのか? 菅直人政権を思い出してみてはいかがか(1/4ページ) - 産経ニュース (上記写真記事は、ある方がツイッターでツイートされた写真です) …

井上武史氏はニカラグア事件国際司法裁判所本案判決を熟読すべき

第1 井上武史氏のツイッターでの発言 第2 コメント 国際司法裁判所は1986年6月27日、ニカラグア事件本案判決において「ニカラグアに対する軍事的・準軍事的活動に関して米国によって主張された集団的自衛権の正当化を棄却する」と判断した(※)。国際司法裁…

伊藤和子弁護士の問題点

【1】伊藤和子弁護士の記事 bylines.news.yahoo.co.jp 【2】 【伊藤和子弁護士の問題点1 「強要」概念の誤用】 伊藤和子弁護士は上記記事中で「タレント事務所に所属したタレントは、事務所の指示に従って活動しなければならない、と規定され、無制限にど…

「人および市民の権利宣言」第4条:「自由とは、他人を害しないすべてのことをなしうることにある」

【1】 小林 節 嘘だらけ・櫻井よしこの憲法論 【2】コメント 上記記事にも書かれているが、私も以前、櫻井よしこ氏が、日本国憲法には自由ばかりが規定されていて義務が規定されていないから日本がおかしくなった、というような発言をしたのをテレビで聞い…

【女性観察】いちいち全世界に向けて自分の月経が近いことを報告する大学教員・横田明美氏

【1】 ぱうぜ (@kfpause) | Twitter http://www.le.chiba-u.ac.jp/member/yokota.html 【2】 【3】コメント 「PMS」って、なにかな?と思って検索したら「月経前症候群」だった。 最近の女性大学教員は、いちいち全世界に向けて自分の月経が近いことを報…

【論説】『堀江貴文氏を弁護する』(高山佳奈子)の問題点 

高山佳奈子(京大職組委員長)のブログ ※委員長の任期は2013年6月で終了しました。 : 堀江貴文氏を弁護する 【コメント】 高山佳奈子氏が堀江貴文氏のために意見書を出すのはよいとしても、京大教授ともあろう者が東大中退の堀江氏に「バカ」とまで言われて…

ホラッチョはショーン・Kだけではなかった!!あの三浦瑠麗氏も!

東京大学政策ビジョン研究センターのHPには三浦瑠麗氏の職歴は「2015年4月‐2016年2月 東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員」と書かれている。 http://pari.u-tokyo.ac.jp/info/member/miura.html ところがシノドスの記事には「2015年3月より東京大…

日本社会に蔓延する「同調圧力」の観点から法科大学院制度を見た場合・・・

日本社会に蔓延する「同調圧力」の観点から法科大学院制度を見た場合、法科大学院制度は、法務博士号を取得したにもかかわらず司法試験に合格できなかった人間を、江戸時代の罪人が手首に刺青を入れられたのと同じように、国家が個人に対して「国家公認の不…

伊藤和子弁護士には精密な法律の議論をお願いしたい

第1 【報告書】日本:強要されるアダルトビデオ撮影 ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、 女性・少女に対する人権侵害 調査報告書 http://hrn.or.jp/news/6600/ 第2 【コメント】 強要罪の「強要」は暴行脅迫により被強要者の意思を抑圧し、義務のないこ…

民事訴訟法判例百選 第5版 10事件 「解釈による法定訴訟担当」?

民事訴訟法判例百選 第5版 10事件 25頁では「本判決は解釈による法定訴訟担当の構成を採用するものと解される」とあるが、そもそも、法律で定められた訴訟担当だからこそ「法定訴訟担当」と呼ぶはずである。本件のように法律で訴訟担当として定められておら…

安冨潔教授『刑事訴訟法講義』に関する疑問点 

1 慶應義塾大学大学院法務研究科・法学部教授・弁護士の安冨潔教授は、『刑事訴訟法講義』第2版(※)142頁で、逮捕勾留は取調べを目的とした制度ではないので逮捕・勾留中の被疑者に198条1項但書を根拠とした取調受忍義務は認められない、と述べる…

旧帝大法科大学院入学志願者の減少

(下記は2ちゃんからの転載です) 東京大学法科大学院(昨年▲88名、14.2%減)http://www.j.u-tokyo.ac.jp/in/hys/nyugaku/info_houka/past/2016/shutsugan.html 533(H28)←621(H27)←638(H26)←800(H25)←919(H24)←1215(H23)←954(H22)←914(H21) 京都大学法科大…

【井上武史憲法学】「良い統治システム」

【コメント】 上記を要約すると、井上武史憲法学は、憲法改正のハードルを下げ、為政者がやりたい放題にできるようにしてあげると、「統治の合理性と迅速性」が実現され、憲法が「良い統治システム」を備えたことになる、という。 しかしこのような見解は、…

【視点・論点】井上武史憲法学の新説!「法の原理・原則は条文数の多寡で決まる」 

【コメント】 ★ 法律の原理、原則は、それを定めた明文規定が存在しない場合がしばしばある。 Yu.k氏の指摘した「契約自由の原則」や「罪刑法定主義」もそうであるが、それ以外にも、たとえば民事訴訟法の「弁論主義」は、明文規定が存在しないが民事訴訟法…

井上武史氏の「集団的自衛権行使=合憲」説はどこが「間違い」なのか

井上武史氏の「集団的自衛権行使=合憲」説(注1)はどこが「間違い」なのか、について以下、検討する。 1 井上氏は「憲法の基礎的な前提」が理解できていない 集団的自衛権行使の合憲性を判断するに際しては、憲法の基本原理である「平和主義」の基礎的な…

朝日新聞「井上武史(九州大学大学院) 安保法案学者アンケート」の憲法上の問題点  

第1 はじめに 井上武史氏は朝日新聞の「安保法案学者アンケート」で集団的自衛権行使を「合憲」とする結論を出している。 以下では、井上氏がこの結論を導くうえで用いた憲法解釈の問題点、および、この結論が導かれるに至った原因について検討する。 なお…