読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。武蔵大学・千田有紀教授の論文不正(捏造)問題追及。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

【日本型捏造学者】千田有紀教授が東大博士論文で用いた「トリック」。あなたは見抜けましたか?

千田有紀氏(武蔵大学教授)は東大博士論文(注1)において、民法は本当に「家」を廃止したのだろうか、と問題提起したうえで、明治民法から戦後民法への改正に伴う民主化を「単語のレベルの民主化」と述べた上、民法を検討すれば、単語のレベルでの民主化に…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 8 千田教授の論文不正(捏造)

武蔵大学教授・千田有紀氏は東京大学の博士論文において東京大学名誉教授・戸田貞三の家族論について注意すべき重要な点として、次のように書いています: 【千田・引用1】 ここ(筆者注:戸田貞三の家族論のこと)で重要な点は、戦後的状況とは異なり、日本…

千田有紀著『日本型近代家族』を読む 5 「戸田貞三は家長的家族の成立条件や内実を詳しく示さなかった?」ってホント?

1 千田有紀氏はその著『日本型近代家族』において、東京帝国大学名誉教授・戸田貞三は「家長的家族の成立条件や内実を詳しく示さなかった」と書いています(130頁)。 しかしこれはウソ(捏造)です。戸田は『家族構成』(1937年→1970年)の中で家長的家族…

千田有紀著『日本型近代家族』を読む 4  千田教授の「家族国家観」「近代家族概念」こそまさに「虚像(フィクション)」ではないのか?

千田有紀教授は、『日本型近代家族』の中で、日本の家族国家観はきわめて「近代的」な事象である、と述べた上で、その例として、フランス革命では国民は兄弟たちによる友愛であると表象されたことを挙げ、これは横の関係を強調するタイプの家族主義である、…

千田有紀著『日本型近代家族』を読む2 「家族国家観」「近代家族」

「家族国家観」「近代家族」について考えてみましょう。武蔵大学・千田有紀教授は『日本型近代家族』(勁草書房、2011年)の中で次のように書いています: 日本の特殊性であると長い間考えられてきた家族国家観ー「国民は天皇の赤子である」などという、第二次…

千田有紀著『日本型近代家族』を読む1 「日本型捏造学者」

武蔵大学教授・千田有紀氏はその著『日本型近代家族』(勁草書房、2011年)の中で東京帝国大学名誉教授・戸田貞三(故人)が家族の特質をどのようにとらえたのか、次の六点にまとめて検討しよう、と述べ、戸田の著書『家族構成』(1937年)から引用し次のよ…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 7

千田有紀教授は博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」の注釈(1)(97頁)で次のように書いています: 従来、「前近代性」「日本特殊性」と考えられてきた家族国家観や性別役割分業は、欧米の「近代」にも存在することが明…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 6

1 武蔵大学・千田有紀教授は、東京大学博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」の中で戦前の戸田貞三の家族論について書いています(注1)。 2 すなわち千田氏は100頁、注31において、戦前の戸田の家族論では、性と年齢に基…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 5

武蔵大学・千田有紀教授の東京大学博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」の中で千田教授は次のように書いています: 日本の直系家族規範と欧米の核家族規範の比較研究の根底には、家族形態に関する理念によって、その社会の…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 4

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」(注1)の中で気になる点を列挙していきます。 千田氏は98頁注12で「民法改正による家族の民主化は・・・『近代家族』の完成をめざしていたといえるだろう」…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 3

武蔵大学・千田有紀教授の東京大学博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」の中で千田教授は次のように書いています: ◎結論的にいうなら日本の家族社会学において「家」という概念が、欧米の「家族」という概念の対比の中で練り…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 2 千田有紀教授の論文不正

千田有紀教授の東京大学博士論文:「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」では次のように書かれています: 法制史の分野では、明治民法にみられる封建武士的=儒教的家族は、「本来」の「家」の「歪曲」、「いえ」からの「逸脱」であり、人為的…

武蔵大学・千田有紀教授の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」を読む 1 

第1 千田有紀教授は東京大学の博士論文「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」において「戦後民法はある面で明治民法と連続性を持っている」と述べた上で、明治民法と戦後民法の「連続性」の具体例として、祭祀に関して、家督相続人…