読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合研究所

shinjiro7=ネット巡回型・問題点指摘ロボット。著作権は当方に帰属しています。 すべてのページの無断転載を禁じます。(連絡先) ivishfk31@gmail.com

上野千鶴子が移民受け入れに反対する真の理由は?

 

上野千鶴子「日本人は多文化共生に耐えられないから移民を入れるのは無理。平等に貧しくなろう」 - Togetterまとめ

 

 

 上野千鶴子はかつて「日本の女が戦争で日本の男に守ってもらわない方が敵のもっといい男と出会える」(注1)と言っていたので移民受入れについても賛成するのかと思ったら反対しました。これはなぜでしょうか?

 1948年生まれで、すでに70歳近くの高齢になった上野にはいまさら「もっといい男」と出会うチャンスは期待できません。とすれば移民を受け入れて若い女だけが「もっといい男」と出会えて若い女だけがいい思いをするのは上野にとって許せないことなのです。上野は、日本人は多文化共生に耐えられないから、との理由で、移民を受け入れるのは無理だ、と言っていますが、それは形式的な理由にすぎません。本当は、移民を受け入れて若い女だけが外国の「もっといい男」と出会えて若い女だけがいい思いをする社会で共生するのは上野本人が耐えられないからなのです。

 また、移民を受け入れないことは女性解放にとって効果的だから、という理由もあります。フェミニズム社会学者の上野にとって、女性解放のために最も効果が高いのは、戦争で男性が大量に死ぬことです(注2)。しかし戦争が国際法上も憲法上も違法化された現代日本では戦争は起こりません。そこで移民受け入れに反対し、日本の人口が自然に減少することが女性解放の次善策となります。日本の人口がこのまま減っていけば労働人口も減少し大企業も消滅し、日本は男女平等ランキング1位のアイスランドのように漁業とアルミ精錬と観光だけが主要産業の国になって男も女も朝から晩まで必死で働かなければならなくなって男女平等ランキング1位の国になることができますのでフェミニズム女性には願ったり叶ったりです。しかも上野はすでにお金をたくさん稼ぎましたから貯金もたくさんありますし年金もたっぷりもらえますから上野自身があくせく働く必要はないので上野自身はちっとも困りません。

 

【まとめ】

 以上をまとめると次のようになります:

 ◎移民を受け入れて若い女だけが外国の「もっといい男」と出会えて若い女だけにいい思いをさせてたまるものか

⇒移民反対

◎日本の人口が自然に減少することは女性解放の次善策

⇒移民反対

◎日本の人口が減少して貧しい国になっても金持ちの上野はちっとも困らない

⇒移民反対

 

(注)

(注1)上野千鶴子著『女遊び』、学陽書房、121―122頁。

(注2)上野千鶴子の著書『家父長制と資本制』はPARTⅠ「理論編」で「フェミニズムの主要な敵は男性」と結論が書かれており、それを前提に、PARTⅡ「分析編」では、女性の敵である男性を駆除して女性を解放するための最も効果的な手段の具体例として「戦争」が挙げられている。つまりPARTⅠとPARTⅡは同じコンテクストで話が繋がっている。

 

【関連記事】

★★★脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民論」と日本特殊性論の左派的転用 / 北田暁大 / 社会学 | SYNODOS -シノドス-

 

『中日新聞』『東京新聞』(2017年2月11日)「考える広場 この国のかたち 3人の論者に聞く」における上野千鶴子氏の発言にかんする公開質問状 | 移住連 |Solidarity Network with Migrants Japan -SMJ

 

『中日新聞』『東京新聞』(2017年2月11日)「考える広場 この国のかたち 3人の論者に聞く」における上野千鶴子氏の発言にかんする公開質問状 | 移住連 |Solidarity Network with Migrants Japan -SMJ

 

上野研究室 > ブログ > 人口減少か大量移民か? ちづこのブログNo.113 | ウィメンズアクションネットワーク Women's Action Network

 

金明秀 KIM, Myungsoo on Twitter: "ぼくは社会科学者にとって重要な仕事は、疑似相関を因果関係と取り違えるような誤解を解いたり、擬似問題から飛び出してきた言説がいかに筋違いであるかを解きほぐしたりすることだと思っている。が、どうやら上野千鶴子にとってはそうでなかったようだ。"

 

エッセイ > シリーズ > 移民問題は、「選択の問題」か?--上野さんの回答を読んで 岡野八代 | ウィメンズアクションネットワーク Women's Action Network

関西学院大学社会学部教授・金明秀氏、上野千鶴子を「敵」認定

 

f:id:shinjiro7:20170212130438j:plain

(上記記事はツイッターでどなたかが流して下さった記事です。中日新聞?らしいです。)

 

f:id:shinjiro7:20170212123354p:plain

f:id:shinjiro7:20170212123410p:plain

 

 上野千鶴子が移民受入れに反対したことで金明秀氏が上野を「敵」認定した件について。

 すでに何十年も前から上野千鶴子は「女性の敵は男性」と言って、女性解放にとって最も効果的なのは戦争で男性が死ぬことだと言っていたのに、男性の金教授はいままで上野を「敵」だとは認識しなかったのでしょうか?4半世紀もかかって今頃ようやく上野を「敵」認定ってあまりに遅すぎませんか?それとも、上野が敵視する「男性」は日本人男性だから自分は無関係、とでも思っていたのでしょうか?疑問が残ります。

 ・・・・とか書いていたら金教授から次の回答を頂きました(金教授、ありがとうございます!)。

f:id:shinjiro7:20170212124245p:plain

 

 金教授はこのようにおっしゃいますが、実際には、上野は女性研究者の就職に関して「あからさまな男性逆差別」システムを採用して現実に「あからさまな男性逆差別」を行ってきました(下記参照)から、「女性の敵は男性」という上野の言説は、金教授が言うような、単なる「レトリック」にとどまるものではありませんでした。すなわち上野は「ミクロな次元」で特定の男性「個人」を敵視し、排除していたのです。

 

f:id:shinjiro7:20170212125115p:plain

 

 

 【関連記事】

上野千鶴子氏の発言を読んで思ったこと。 - HIROKIM BLOG / 望月優大の日記

大貫憲介弁護士の問題点

 

f:id:shinjiro7:20170211152823p:plain

 

 

こういう主張をする夫が、あたかもみんなモラ夫(モラルハラスメント夫)ばかりであるかのような社会的偏見助長行為を弁護士が行うのはいかがなものでしょうか?大貫憲介弁護士の弁護士バッジに描かれている天秤は、傾いていませんか?水平な天秤でなきゃ困りますよ。

長崎女性刺殺:県警、危険性認識甘く 相談に警告見送り - 毎日新聞

 

長崎女性刺殺:県警、危険性認識甘く 相談に警告見送り - 毎日新聞

 

警察は犯罪発生後に、当該犯罪を捜査するのが本来の仕事(刑事訴訟法189条2項)なので、この記事のように犯罪の予防まですべて警察のせいにするのはお門違いだし、警察に家庭問題への事前介入の大幅な権限を与えると、戦前の特高警察みたいになって取り返しがつかなくなる。本件では犯罪予防のために警察としてできる限りのことをやっているのに、それでもなお、マスコミや学者が警察を非難すると、結局、それじゃあ、共謀罪みたいな犯罪を法律で定めて国家が国民の私生活を隅々まで徹底監視しましょうという社会になっていく。現にそうなっている。

 

1月25日放送「世界の怖い夜 最後のイタコ&本当にあった呪いの物語」

 

f:id:shinjiro7:20170126150351p:plain

1月25日放送「世界の怖い夜 最後のイタコ&本当にあった呪いの物語」

これはもしかして人の顔・・・なのかな?

【女性観察】なぜ女性の社会的地位は向上しないのか?島岡まな教授を素材として

 

f:id:shinjiro7:20170113115743p:plain

 

 毎年、クリスマスになると島岡まな教授の上司(男性であるらしい)が島岡教授にクリスマスプレゼントを贈るわけであるが、恋人でもない単なる大学の上司がクリスマスプレゼントをわざわざ同僚の女性に贈るというのはなんらかの社会的意味があるはずで、おそらくは「男女平等、男女平等、と言ってあまり私を困らせないでくださいね、おとなしくしててね」という趣旨の、上司の、同僚女性に対する懐柔策としてプレゼントされているのだろうと思う。女性がこのような物を嬉々として受け取っている限り、女性の社会的地位が向上することはなかろう。

 

島岡まな教授への質問 性犯罪規定の「暴行脅迫要件の緩和」について

 

https://www.cyzowoman.com/2016/11/post_120975.html

 

f:id:shinjiro7:20161210035411p:plain

f:id:shinjiro7:20161210035428p:plain

島岡まな教授からの回答はまだありません。

 

永田夏来助教の問題点

 

女性の受動的なセックスの背景には「家族の期待に応えたい私」がある『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』 - messy|メッシー

 

【問題点1】

この永田夏来助教の記事は、2ページ目の「男性の場合、性的関心の有無による影響が性交経験を持つことによって打ち消される」の事実について、なんら裏付けデータを示さず、誤魔化してある。

 

【問題点2】

3ページまでで、「性に対する関心と性へのイメージは深く関わっていること、男性にとってセックスの経験がこれらを覆すチャンスとなり得るが、女性にとってはそうとも言えないことを確認」したことと、3ページ目でなされた本書の具体的分析とのつながりが解りにくい。

 

 

 

 

小倉秀夫弁護士、ツィッターレディースほかに襲われる

 

togetter.com

日本中のひきこもりに朗報!⇒あなたのひきこもり生活はサティヤ・サイババの教えに合致している!!

www.youtube.com

 

f:id:shinjiro7:20170127212323p:plain

 

f:id:shinjiro7:20170127212348p:plain